So-net無料ブログ作成
検索選択

日比谷野外大音楽堂2015年9月27日 (その3) [ライブ]


(その2)につづけて(その3)も出し惜しみせずに公表。
しかしこれも「見切り発車」のため、見やすく工夫してないので読みにくいです。
ヒマを見て曲名くらいは色を変えようと思ってますが、とりあえず、
修正前の見にくい記述になりますが、冷やかしにお目汚し下さい。


タブレットやスマホではテーブルタグで組んだ部分の数字が上手く表示されません。
「PCモード」で閲覧可能な人は切り替えてご覧ください。




エレファントカシマシ日比谷野音2015をセットリストから考えて見る(その3)。
とりあえずわかりやすいデータを

日比谷野音2015日比谷野音2014
epic sony 12曲 epic sony12曲
pony canyon 6曲 pony canyon6曲
EMI 5曲 EMI4曲
universal sigma 6曲 universal sigma11曲
合計 29曲 合計33曲


こうして並べてみるとわかるが、今年と昨年でレーベルの占有比率はそんなに変わっていない。
しかし、近年のユニバーサルの楽曲が少なかったことが、
ライブ・コンサートの印象をがらりと変えていたことがわかる。
さらに言えば、キーボード奏者が細海魚さんであったこともかなり重要だ。
キーボード奏者がひとり違うだけでバンドとは印象が変わるものなのだ。




さらに分析を続けよう。
つぎにどのアルバムからの採用曲が多かったかを前年と比較してみよう。

アルバム名 日比谷野音2015 日比谷野音2014
THE ELEPHANT KASHIMASHI 2曲 2曲
THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ 4曲 2曲
浮世の夢 1曲 2曲
生活 1曲 2曲
エレファントカシマシ5 0曲 2曲
奴隷天国 0曲 1曲
東京の空 4曲 1曲
ココロに花を 3曲 1曲
明日に向かって走れ 2曲 2曲
愛と夢 1曲 2曲
good morning 1曲 2曲
ライフ 0曲 0曲
DEAD OR ALIVE 0曲 0曲
俺の道 1曲 0曲
1曲 1曲
1曲 1曲
町を見下ろす丘 0曲 0曲
STARTING OVER 0曲 3曲
昇れる太陽 0曲 2曲
悪魔のささやき 0曲 2曲
MASTERPIECE 0曲 1曲
SINGLE 4曲 1曲
COMPILATION 0曲 1曲
未発売 1曲 0曲



比較すると如実であるのだが、2014年のセットリストと比べてEPICとCANYONの作品が増えている。
宮本浩次本人が曲間のMCで説明していたのだが、
『THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ』と『東京の空』が特集されたアルバムのようだ。
それから、涙の印象が強かった【月夜の散歩】と【今宵の月のように】のせいもあるが、
佐久間正英氏との共同作業の印象が強い、CANYON期の作品に特別の思いがあったように思う。
実は、涙が浮かんだあの2曲は昨年の野音でも逆の順番で演奏していたのだ。
そうして、昨年の【月夜の散歩】もあまり上出来とはいかなかった。
あれももしかしたら佐久間氏のことを思い浮かべてのことだったのかもしれない。
今年のMCで涙の理由を語ったからこそ、昨年の【月夜の散歩】がああだった理由が判明した気がする。
宮本浩次にとって【月夜の散歩】は佐久間さんとの作業のなかでも、特に思い出が深いのかもしれない。
(ちなみに、オルガン入りのバージョンはcompilationアルバム『sweet memory~エレカシ青春セレクション~』に収録されている)

註:compilationアルバム『sweet memory~エレカシ青春セレクション~』
http://www.elephantkashimashi.com/discography_best.html#d2
宮本浩次が自選した青春をテーマにしたキャニオン時代の作品集。
自分で「ベスト」と称するのが肯んぜられないため、
エレファントカシマシのコンピレーションは「ベスト」ではなく「作品集」。
佐久間正英のオルガンがバッキングに入っている【月夜の散歩】本作収録のトラック。

激レア曲 (2015年)
ああ流浪の民よ / 暮れゆく夕べの空 / 夢のかけら / 自宅にて
生きている証

激レア曲 (2014年)
浮世の姿 / ひまつぶし人生 /お前の夢を見た(ふられた男)
太陽ギラギラ / 見果てぬ夢 / きみの面影だけ / 東京の空

(2014年)
ALBUMのみ楽曲 20曲
SINGLE曲 13曲
(Aサイド 11曲 / Bサイド 2曲)

(2015年)
ALBUMのみ楽曲 8曲
SINGLE曲 20曲
(Aサイド 12曲 / Bサイド 8曲)
未発売新曲 1曲

最近のヒット曲中心のセットに慣れていると、
今年の野音も激レアの激渋セットと思い込んでしまうのだが、
こうやって客観データを見てみると、わりとシングル曲中心に組まれている。
まあ、【ああ流浪の民よ】や【生きている証】もシングルのc/wなのだから、
シングル曲だから激渋ではないと、そう言い切ってもしまえない。
ただ、人気曲や発売当時に自信曲としてシングルに載せた楽曲が、今年は多かった。
29曲中20曲がシングル曲というのは、こうして確認してみないとわからないものだ。
しかもAサイドの楽曲が12曲もある。これを指摘している人は案外にいないはずだ。

ちなみにアルバム曲の8曲とは
ドビッシャー男 / 誰かのささやき / 暮れゆく夕べの空 / 月の夜
自宅にて / 待つ男 / 星の砂 / ファイティングマン

次にセットリストを歌詞の内容から考えていく。
前半の3曲はオープニング向けの楽曲
おはよう こんにちは / ドビッシャー男 / 悲しみの果て
この3曲はいつもセットリストの前半に演奏されることが多い定番曲だ。
何曲かのレア曲を挟んで、夕暮れの曲を選択している。
誰かのささやき / 暮れゆく夕べの空
この2曲は歌詞のなかに夕景があり、夕暮れの歌として叙情がある。
それを意識しての選曲と配置だったに違いない。
月の夜 / 自宅にて / 待つ男
この3曲はEPIC時代の渋めの曲を畳み込むイメージだろう。
10曲目に【待つ男】を出すのは本人も意外性を込めたのだと思う。
TEKUMAKUMAYAKON / 星の砂 / 珍奇男 / 極楽大将生活賛歌
この4曲は客席を踊らせようという意図があったように思う。
ダンスビートというか、ファンクというか、黒いリズムの曲を採用しているように見るからだ。
日本的に見える【極楽大将生活賛歌】、
実はスカ(もしくはレゲエ)のリズムがエレカシ的にズレているのだと思っている。
というのは、the Rolling Stonesもレゲエ調作品があり、
それを真似している作品と見られるものが初期作品にはある(成功はしていない)。
閑話休題。
【四月の風】で第一部を盛り上げて終了。

第二部のはじまりの【生きている証】。
これは約10年前の作品、鴎外を使って「人生の勝ち負け」を考えていた頃の作品だ。
その後に東日本大震災があり、日本各地で激甚災害があり、不況もあり、
「生きている」ことさえ難しい時代に「生きている」ことの意味を問うていたように見えた。
つづく3曲。これは明らかに歌詞に「月」のある、月見ソングだ。
ワインディングロード / 月夜の散歩 / 今宵の月のように
おそらく、佐久間さんへの追慕という意味は裏に隠していたのだと思うが、
細海さんのオルガンで押しとどめていた想いが決壊してしまったのであろう。
【めんどくせい】は【化ケモノ青年】とのつながりでアクセントにしたのだと思う。
そして【化ケモノ青年】も「月を見てたんだ」の月見ソングだ。
ズレてる方がいい / ガストロンジャー / RAINBOW / 生命賛歌
この4曲は【RAINBOW】も含めてシングルA面にふさわしい勢いのある華やかな曲。
That's エレファントカシマシというようなクライマックスの演出だ。

アンコールに入って、渋いがファンの人気の高い曲。
星の降るような夜に / 友達がいるのさ
どこかで言及したことがあるのだが、この2曲はテーマが共通している。
さらに、このあとに【俺たちの明日】があり、一連のつらなりになっている。
エレファントカシマシのバンド史を知っていればわかるが、
アルバム『東京の空』アルバム『扉』『風』の前後にはなかなか苦しい時期であり、
焦燥感あふれる感情からひとつ抜けたあたりに登場した、そんな転機の曲でもある。
「歩こうぜ歩こうぜ長い坂道を」
「オレはまた出かけようあいつらがいるから」
今年のハイライトをこのアンコール1に強く感じた。

アンコール2の2曲。
愛すべき今日 / ファイティングマン
おそらく【愛すべき今日】は予定どおりの〆の1曲。
あともう1曲はわりと即興の選曲ではないかと思う。
【花男】【男は行く】【俺たちの明日】
このあたりと競ったのではないかな。
セットを決めてない本当のアンコールは最後の1曲で、
それは今年もやはり【ファイティングマン】だった。

リハーサルでは【花男】【俺たちの明日】やっていたが本編では演奏されなかった。
今年は昨年ほど押し押しにして20:30を回らなかった。
昨年はバラしのスタッフが困らせただろうから、昨年よりやや早めに終わったのかもしれない

今年の野音の宮本浩次はギター奏者というよりは歌手の比重が重かったように感じた。
演奏をバックのメンバーにまかせて、歌をしっかりと歌っていたように感じる。
それだけメンバーを信用したライブだったと言える。
それからゲストの細海魚さんのキーボードがひと味もふた味も違う野音にしていた。
かなり懐かしい、EPIC時代やCANYON時代のバンドの音になっていたからだ。
そのことがなおさら、佐久間正英氏のことを思い出させたのだろう。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

ペコ山

2度目の投稿です
ずいぶん更新されてないので心配しています。
今年の野音はいらっしゃいますか
私は1日目に参加します
また普請虫さんの渋いレポート、楽しみにしています
by ペコ山 (2016-09-05 20:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。