So-net無料ブログ作成
検索選択

日比谷野外大音楽堂2015年9月27日 (その3) [ライブ]


(その2)につづけて(その3)も出し惜しみせずに公表。
しかしこれも「見切り発車」のため、見やすく工夫してないので読みにくいです。
ヒマを見て曲名くらいは色を変えようと思ってますが、とりあえず、
修正前の見にくい記述になりますが、冷やかしにお目汚し下さい。


タブレットやスマホではテーブルタグで組んだ部分の数字が上手く表示されません。
「PCモード」で閲覧可能な人は切り替えてご覧ください。




エレファントカシマシ日比谷野音2015をセットリストから考えて見る(その3)。
とりあえずわかりやすいデータを

日比谷野音2015日比谷野音2014
epic sony 12曲 epic sony12曲
pony canyon 6曲 pony canyon6曲
EMI 5曲 EMI4曲
universal sigma 6曲 universal sigma11曲
合計 29曲 合計33曲


こうして並べてみるとわかるが、今年と昨年でレーベルの占有比率はそんなに変わっていない。
しかし、近年のユニバーサルの楽曲が少なかったことが、
ライブ・コンサートの印象をがらりと変えていたことがわかる。
さらに言えば、キーボード奏者が細海魚さんであったこともかなり重要だ。
キーボード奏者がひとり違うだけでバンドとは印象が変わるものなのだ。


続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

日比谷野外大音楽堂2015年9月27日 (その2) [ライブ]


(その1)の続きです。
第二部、17曲目の【生きている証】から、Wアンコールの【ファイティングマン】まで。
文章のみのライブレポートです。
SET LISTは(その1)に記載しております。

第二部は本編のなかの区切りなので、場外ではその違いもおよそ察することあたわず。
宮本御大のギター交換待ちなのかと簡単に考えていた。
あの幕間(まくあい)感は一部と二部の区切りだったのだと、後で知り納得。

(その3)のセットリストの分析で詳しく述べているが、
第二部は「月夜」を意識した「月」中心のセットリストであったと感じた。
そこから、シングルAサイド曲で畳みかける、本編のクライマックス。
新曲の【RAINBOW】はたしかにここ数作の作品傾向と比べても勢いのあるロックだ。
【ガストロンジャー】や【生命賛歌】はいつもクライマックスソング。

アンコールは友情ソングパート、それからシングル曲+真のアンコール。
29曲目の【ファイティングマン】を真のアンコールと呼ぶのは、
おそらくこの1曲だけが当日即興で決めるだろう言葉本来の意味のアンコールだと思うからだ。
実際、昼のリハーサルで練習されていた何曲かは演奏されなかった。

久しぶりにブログを更新したのですが、思った以上の閲覧数なので、
週刊更新にしようと考えていた(その2)と(その3)を本日中に見切り更新します。
もったいつけるほどのものではないし、ライブレポートは新鮮さも命であるので。
本人としては(その1)(その2)よりは(その3)がわりとよい切り口だと思っています。
(その1)(その2)のようなありきたりのライブレポは、もっと上手な方がおられます。
ただ、客観データを引いて、演者の意図をはかるレポートは案外に少ないような気が致します。
最近はTwitterやLINEのような「刹那」ぶり極まるメディアが花盛りで、
ブログや個人HPのような長文メディアは下火になりつつあるようです。
ただ、ファンブログのよさは、「キラーチューンを投下」とか「興奮の最高潮」とか、
その手の煽り文句を利用しないことだ。
音楽ライターと呼ばれる人たちが、請負仕事として「興味のないバンド」をレポートするそれは、
それはまあひどいものだからだ。
そういうことをしない一般ファンとして、きちんと敬愛をもって作品やバンドを見つめて、それを書いている、
その点だけくらいは、このブログのよさだと自負している。

見切り発車なので、拙いところは徐々に直します、お目こぼしください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

日比谷野外大音楽堂2015年9月27日 (その1) [ライブ]


ご無沙のブログ更新です。
とくに閉鎖したつもりはないのですが、怠惰なファンに落ちたので、
偉そうに書くこともなく無為に日を経過しましたが、
久しぶりに日比谷野音の音漏れを聴きに行き、感動したので更新することにします。

実は、書くべきことは秘して研究しておりました。
エレファントカシマシの音楽的ルーツ、参考にしたであろう音楽の探究です。
おそらくエレファントカシマシのファンの中ではかなりルールを掘ったファンの一人だと思います。
ただ、この種の「元ネタ」は「パクり」と誹るネタになるので嫌われる研究でもあります。
そのため、研究に研究したものの、発表をためらっていたところがあります。
しかし、もう怠惰なファンであるし、ライブにもあまり足を運ばないので、
そろそろその辺のルーツも指摘してよいのかなと考えております。
近々、アルバム毎に、この辺の作品やアーティストから影響を受けているだろう、
ということをやっていこうかと思っています。

今回はひとまず、今年の野音の外聴きの感想を記します。
長くなるので、3回に掲載を別けます。
「その1」が第一部、「その2」第2部以降、「その3」がライブ全体の分析。


ほぼ定刻通り17:30過ぎに登場
20:10過ぎ終了
昨年よりは終了が早いが今年も2時間半越え


1~2曲目まで
エレファントカシマシ + 昼海幹音(g)

3~27曲目まで
エレファントカシマシ + 昼海幹音(g) + 細海魚(key)

28~29曲目まで
エレファントカシマシ + 昼海幹音(g) + 蔦谷好位置(key)


第一部
1 おはよう こんにちは (epic sony) 『THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ』
2 ドビッシャー男 (pony canyon) 『ココロに花を』
3 悲しみの果て (pony canyon) 『ココロに花を』
4 ああ流浪の民よ (epic sony) 『THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ』
5 誰かのささやき (epic sony) 『東京の空』
6 暮れゆく夕べの空 (epic sony) 『東京の空』
7 夢のかけら (pony canyon) 『愛と夢』
8 月の夜 (epic sony) 『生活』
9 自宅にて (epic sony) 『THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ』
10 待つ男 (epic sony) 『THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ』
11 TEKUMAKUMAYAKON (universal sigma) single「愛すべき今日」
12 星の砂 (epic sony) 『THE ELEPHANT KASHIMASHI』
13 珍奇男 (epic sony) 『浮世の夢』
14 極楽大将生活賛歌 (epic sony) 『東京の空』
15 四月の風 (pony canyon) 『ココロに花を』
第二部
16 生きている証 (EMI) 『扉』
17 ワインディングロード (universal sigma) 『MASTERPIECE』
18 月夜の散歩 (pony canyon) 『明日に向かって走れ』
19 今宵の月のように (pony canyon) 『明日に向かって走れ』
20 めんどくせい (universal sigma) SINGLE「愛すべき今日」
21 化ケモノ青年 (EMI) 『扉』
22 ズレてる方がいい (universal sigma)
23 ガストロンジャー (EMI) 『good morning』
24 RAINBOW (universal sigma) 未発売
25 生命賛歌 (EMI) 『俺の道』
アンコール1
26 星の降るような夜に (epic sony) 『東京の空』
27 友達がいるのさ (universal sigma) 『風』
アンコール2
28 愛すべき今日 (universal sigma) SINGLE「愛すべき今日」
29 ファイティングマン (epic sony) 『THE ELEPHANT KASHIMASHI』

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。