So-net無料ブログ作成
検索選択
グッズ ブログトップ
前の5件 | -

事務所の在庫をみんなで減らそう(2012年野音グッズ販売) [グッズ]

オフィシャルHPをのぞいてみたら、グッズを販売するとの一報があった。
まとまった量だから、かなり以前に発注してしまったのだろう。
公式なエレファントカシマシのライブ(コンサート)ではないといえ、
いちおう開催するのだから、公式グッズを売って何の支障もないわけだ。
野音グッズの販売は、現地とオフィシャル通販サイトで同時刻、14日の正午から開始するらしい。
(ほぼ公式情報は伝えきったが、原文はこちらから確認ください)

チケットを払い戻す人も払い戻さない人も、
2公演分のグッズを製作してしまっただろう事務所のために、
いくらでもいいからお布施代わりに散財しようではないか。
私はかなりお財布のお腹がひもじいので、
買うとなったら、払い戻しを当てにして散財しようと思う。
事務所としても、おそらくグッズと交換で実入りがあったほうが、
商売をして得た」という意味と、余剰在庫がなくなるという二重の意味で、
きっと達成感があるのではないか、という払い戻しの言い訳を立てている。
(払い戻さない、剛毅な人は格好いいなあ。自分は払い戻してグッズに変えてしまうが…)

とにかく、明日はグッズ販売があるっていうんで、正午には人垣があるというのだから、
いったいどんだけ前乗りすればいいのやら。
東京駅の新装オープンも見たいんで、
だいぶ朝から丸の内や日比谷界隈をうろうろして、散歩大臣にならないといけないが、
あまりきょろきょろしているとIMF会合を警備している警官にしょっぴかれそうだ。
どうれ、しょっぴかれてもいいように、刃物類やあぶない書籍は置いていこう。
ナボコフの『ロリータ』など入れていた日には、きっと間違えて桜田門までひっぱられそうだ。
私は新訳『ロリータ』(新潮文庫)を持っているが、幼児性愛者では金輪際ない。
そもそも、ナボコフの『ロリータ』は幼児性愛というフェティシズムに仮託した、
資本主義に対するするどい皮肉の書であると私は読解したが、世間知はきっと違うだろうから。

挙動不審をするとお巡りさんに捕まるが、それを恐れているのも何か違う。
何がIMFだの気持ちでもって、日比谷の入り江を幻想して歩こう。
帰りにはみんなグッズを手に手に、集会帰りだ。
グッズを売り切れにして事務所の杞憂を吹き飛ばすくらいだと、エレカシファンも剛毅だ。
(了)

[追記]
エレファントカシマシのプロデューサーでもあり盟友の蔦谷好位置が
今回の一件についてブログではじめて触れた項目を、
またしてもエレファントカシマシDBさんの管理人さんの日記で遅まきながらしりました。
リンクを貼っておきます。 「やっぱ引っ越し大変だ」(こちらから
蔦谷さんの現在のブログはさながら「イタリア日記」になっているので、
トップページから探すと大変なので、ここを踏み台にしてたどり着いてください。
個別リンクが貼ってあるので、最新ページが増えても別ページになりません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

年末・新春(2011→2012年)グッズ [グッズ]

2012年、激動の1年も押し迫って、年も暮れようとしている。
そんななか、年末・新春ライブ用のグッズのお品書きが公式サイトで発表された。

フィシャルHPのグッズ一覧ページ(こちらから

どうやら、年末フェスから発売されるものと、
新春ライブから発売されるものがあるようで、
年末フェスのものは新春ライブでも引き続き販売されるような記述になっている。
以下にラインナップを表示し、項目名をグッズ販売サイトの商品ページへのリンクにしておきます。

年末フェスグッズ


「ガストロンジャー」Tシャツ  3,000円(税込)
<COLOR>ブラック/ホワイト

「宮本語録タオル vol.4」  2,000円(税込)
<COLOR>
・年末イベントから    ブラック×ホワイト /  イエロー×レッド
・新春ライブから     ピンク×パープル
<SIZE>約40×106cm

新春ライブグッズ


42th SINGLE記念「東京→宇宙」ポケTシャツ  3,500円(税込)
<COLOR> ブラック/ヘザーブラウン/ヘザーピンク

「WINDING ROAD」Tシャツ  3,000円(税込)
<COLOR>ブラック/ホワイト/ヘザーパープル

「新春エレファント昇龍」スポーツタオル  2,000円(税込)
<COLOR>レッド/ブラック  <SIZE> 約40×110cm

「ワインディングロード/東京からまんまで宇宙」キーホルダー  800円(税込)
<SIZE>約3.4×5.2cm

「富士に太陽」マネークリップ  1,500円(税込)
<SIZE>約5.6×2.3cm

「ドーンと行け!!」カレンダー2012 (ステッカー付)  2,000円(税込)
<SIZE>約21×17.3cm

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

野音2011グッズについて [グッズ]

今年も日比谷野音の開催が1週間を切り、
野音グッズの商品ラインナップが発表された。
http://www.elephantkashimashi.com/goods.html

Tシャツが3デザイン、色違いで計7パターン。
タオルが2デザイン、色違い4パターン。
コインケースが1デザイン、色違い2パターン。
ポストカードが1パターン。

昨年の充実ぶりと比べると、
商品点数、デザイン共に絞られた印象がある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2011年夏フェスグッズ発表 [グッズ]

2010年夏フェスグッズが発表されました。(こちらから
良くも悪くも、何か懐かしい感じに戻ってきたような気がする。
デザイナーの意図を汲みきれない、ちぐはぐな感じが、エレカシグッズらしい。

[補足追記]
「デザイナーの意図を汲みきれない」というのは、
「よかれ」と思ってやった意図が、購入者あるいは購入計画者に対して伝わってこないイメージ。
「ちぐはぐな感じ」というのは、
エレファントカシマシというバンドイメージからずれた、
「瓢箪から駒」(おわかりでしょうが、駒は馬のことです。将棋の駒じゃなく。)のような、
どうしてこうなったの? 感が、戻ってきたという私なりの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

また、“LOGOデカ路線” に逆戻り [グッズ]

2010年夏フェスGOODSのデザインが発表されている。
「俺」Tシャツ & 「俺」タオル である。(こちら
これはどうやら昨年の「男」Tシャツ(こちら)と「男」タオル(こちら)のシリーズらしい。
しかし、今回のこれは断じて失敗である。

というのは、デザインとはとてもよべないような、単に文字だけの商品だからである。
「男」タオルと「男」Tシャツの時も思ったのだが、
LOGOをでっかく書いておけばよいという風潮、唾棄すべき怠惰である。
それでも、価格が抑えられて普及アイテムなら納得もするが、
工夫も手間もない「俺」バスタオルも「俺」Tシャツも、揃って3000円もするのだ。
いったいあのデザインのどこに手数料を払わなければならないのだ。
高校の文化祭のスタッフTシャツだって、もう少しましなデザインをする。

ここ最近の一連のグッズ同様にYooth Recordsのデザインらしいことは、
文字のフォントでわかるが、こればっかりは弁護しようがない。
何で、こんな体たらくになってしまうのか? しっかりしてほしい!
「男」グッズが好評だったから第2弾と言っているようだが、
「男」グッズはエレカシ・ライブでもそうそうは見かけない。
「文豪」Tシャツや「ドーンと行け!!」タオルのようなヒットにはなっていない。
下手をすると「名言タオル」ほどもポピュラーではないのに、
第2弾をつくる蛮勇とはなんだろう。

私の頭には「手抜き」という3文字が浮かんでならない。
なぜ、あのフォントで、あの大きさで、あの色味なのか、
ほとんどデザインの意図が理解できない。
それだけではない、なぜいま「俺」という単語の選択なのか、まったく理解に困る。
先だっての野音公演で新しい「男」シリーズも発表されたのだから、
それをつかったGOODSをつくったほうがファンの要望に叶うだろう。
なぜ「歩く男」ではないのか?
それに昨年の「男」シリーズで漢字一文字のシリーズは満腹である。
もういい加減、ロゴを大きく書いてそれだけ、というグッズはやめて欲しい。

松本大洋をはじめとして、エレカシのファンである漫画家・イラストレーターも多いはず。
どうして、それを調べてデザインを発注しないのだろう。
ファンであるならば、そんなに高額のデザイン料は請求されないと思うのだ。
それとも、所属事務所はそのデザイン料をケチってまで、
あの程度のグッズを売り続けようというのだろうか?
高名な漫画家・イラストレーターがダメなら、一般公募でもいい。
バンドのロゴやイラストを募集したらいい。
そうすれば、曲名を英語にしただけのロゴや、
「男」「俺」「花」などというとってつけた文字デザインにはならないはずだ。
そもそも、写真を配したTシャツでさえも、そのチョイスがひどすぎて評判が悪いことに、
まだ気づかないのだろうか?

正月のグッズにもがっかりしたが、今年の夏フェスグッズにはもっと失望した。
真剣みにかける「お座なり」なことはやらないで欲しい。
バンドの真剣な音楽活動をバカにされているような気分になる。(了)

追伸を読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - グッズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。